リフォームなどのご検討はお早めに!

 先日の衆議院総選挙で、自民・公明党が過半数を確保したことで、平成31(2019)年10月に予定されている消費税の再増税が、確実となりました。これが実施されると、消費税は現在の8%から10%へ、2%の増税となります。
 消費税が2%増えることで、例えば300万円の買いものだったら、消費税だけで6万円も増える計算になります。リフォームをお考えの場合は、早めの検討をしたいですね!

そろそろ冬支度?!

 秋も深まってまいりましたが、冬の準備は大丈夫でしょうか?コタツやストーブ、冬物の用意・・・色々ありますが、お家のリフォームをお考えの場合は、本格的な冬が来る前に済ませておきたいものですよね。
 さらに、ぐるっとお家の周りを歩いて、修理するところがないかチェック!
 今一度、雨漏りがしないか、水周りは快適か、外壁は大丈夫か・・・雪が降る前に総点検しちゃいましょう!!

あっという間に衣替え

 あっという間に10月、衣替えの時期になりました。
 …ですが、9月下旬の段階で朝晩は割と冷え込んでいたため、すでに上着を着ないと寒く感じるレベルでした。しかも、今年の夏は雨続きだったというのもあって、秋が深まるのが余計に早く感じられます。
 衣替えの時期といえば、衣服の出し入れですね。夏物などの衣服は、湿気に注意して収納しましょう!湿気・カビに強いリフォーム相談も、お気軽にお問い合わせください!

光触媒ってなんだろう?(3)

光触媒によって引き起こされる「化学変化」。
詳しくは、光の中に含まれる「紫外線」が光触媒に当たることによってヨゴレが分解されるのです。
そのほかにも、「脱臭」「抗菌」「空気浄化」などが期待できます。
ここで「太陽光のような強い光でないと、効果がないの?」という疑問がわくかと思います。
でも、ご安心ください。蛍光灯の光の下でも、しっかりと作用が起こる光触媒があるのです。

夏は何処にいった?

梅雨はとっくに明けたはずなのですが、福島はこのところずっと雨か曇りです。
そういえば、関東・東京も、8月に入ってからはずっと雨続きのようです。
夏なのに涼しいのはよいことですが、太陽光発電は、雨が多くて日照量が少ないと発電量に影響してくるので、困ったものです。
太陽光パネルの取り付け工事も、雨の日や風の強い日はできないので、どうしても天気に左右されてしまうのですが、めげずに頑張ります!

熱中症対策、万全ですか?

今年の夏も、熱くなりそうです。そういえば、梅雨の期間なのに温度が37度を記録した日もありましたね。
こう熱いと、心配になるのが熱中症。熱中症の約4割は、なんと部屋の中で起きているんですよ!無理せずエアコンをつけるなり、水分補給するなりして、熱中症になるのを防ぎましょう!!発汗で水分と共に失われた塩分を補給するのも忘れずに!

光触媒ってなんだろう?(2)

<このたび九州地方の記録的豪雨・土砂災害におきまして、被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。>

リフォーム業界では話題になりつつある「光触媒」。
「光」はなんとなくわかるけど、「触媒」って?
触媒とは、一言でいうと「化学反応の速度を速める」物質のことです。
しかも、光触媒自体は何も変化しません。
「光触媒そのものは、変化しない」…これは、どういうことでしょうか?
そう、光触媒が変化しないということは、つまり「効果が長持ちする」ということなのです!

今年も梅雨の季節が始まりました!

 「この頃、曇りや雨の日が多くなってきたなぁ」と思っていたら、昨日(6月21日)で東北地方も、いよいよ梅雨入りしましたね。関東以西では避難勧告が出された地域もありましたし、土砂崩れなど、大雨による被害も相当あったようです。「たがが雨」とあなどってはいられません。
 本格的な梅雨の季節に突入する前に、家の雨漏りチェック等してみてはいかがでしょうか?

光触媒ってなんだろう?(1)

リフォーム・塗装などで話題の「光触媒」とは、いったい何なのでしょうか?
光触媒とは、太陽光などの力を使って、化学反応を起こす働きを持った物質のことです。
この化学反応を起こす性質を利用して、ヨゴレや匂いを分解します。
つまり、光触媒を使えばキレイが長持ち!
しかも、空中に飛散したりしないので、人体にも安心!まさにクリーンな素材なのです。

五月病には気を付けよう!

ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまい、日常が戻ってきてしまいました。
この時期、身体や心の不調を訴えたり、無気力状態になってしまったりする方もいます。いわゆる「五月病」というやつですが、頑張りすぎた後に連休で緊張の糸が切れてしまうことが、原因の一つとしてあるようです。
仕事が始まったからといって、あまり「頑張りすぎない」ようにするのも、対策の一つと言えそうです。