新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎましょう!職場でできる対策とは?

 このところ、連日のように「新型コロナウイルス」に関する報道が続いています。2月20日現在、中国ではすでに、2,000人が死亡したと報道されています。そして残念ながら、今後お亡くなりになる方がさらに増えるのは確実と思われます。世界保健機構(WHO)からは「国際的な公衆衛生上の緊急事態」が宣言されました。
 今のところ、日本ではまだ流行のきざしはありませんが、十分注意したほうがいいかもしれません。
 では、職場では、どのように予防に取り組めばよいのでしょうか?新型コロナウイルスに限りませんが、一般的衛生対策として、マスクを着用したり、手洗いやアルコールの手指消毒をしたりすることがあげられます。マスクがない場合は、咳・くしやみをする際に、ティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえることも有効です。
 また、万が一発熱などの症状がある場合は、念のためお近くの医療機関を受診することをおすすめします。一時的に品不足だったマスクも、増産の体制に入っていると聞きます。
 いずれにせよ、自らが感染拡大の原因となってしまわないよう、気を付けたいものです。