災害時の停電に、蓄電池の備えを!

 今年のお盆は、西日本を中心に台風10号が猛威を振るい、建物や交通機関などに、様々な影響を及ぼしました。
 台風だけでなく、そもそも日本は地震や水害などの自然災害が多いため、万が一の災害に備えるのは、もはや当たり前のことと言えるかもしれません。

 災害が起こったとき、付近一帯が停電となることがよくあります。ふつうであれば、停電から復旧するまでは、いつ復旧するかが分からないまま、不安を抱えつつ過ごさなくてはなりません。もちろん、電気がなければ生活にたいへん支障が出ますし、特に夏場は、冷蔵庫も動かなくなってしまうので、保管していた食材もダメになってしまいます。

 しかし、蓄電池があれば、ためておいた電気を非常用電源として使用することができます。
 蓄電池を設置することで、ふだんからエネルギーを賢く使えるだけでなく、災害時などの非常事態にも備えることができるのです。