熱中症を防ごう!

 今年の梅雨は長めで、暑い日もそれほど続きませんでしたが、これからの季節、怖いのが熱中症。炎天下のもとで、体温調節や循環機能などが、うまく働かずに起こる病気です。熱中症を防ぐには、下記のことが効果的です。

・のどが渇いていなくても、まめに水分や塩分を取りましょう
・外での作業は無理をせず、こまめに休憩を取りましょう
・涼しい服装をこころがけ、帽子や日傘を利用しましょう

 熱中症の初期症状として、めまいや立ちくらみ、頭痛、大量の発汗などがあります。これらの症状が出たら、直射日光の当たる場所は避け、木陰やクーラーの効いた部屋などの、涼しい場所へ向かいましょう。
 太陽の光は、発電にも利用される便利なものであるいっぽう、熱中症を引き起こす原因になりますので、気をつけなくてはなりませんね。
 もちろん私たちも、太陽光パネル設置工事では屋根の上での作業がメインなので、水分補給して頑張っていますよ!