あれから8年。

 早いもので、東日本大震災の発生から、8年が経ちました。
 あの日、8年前の3月11日、この時期の郡山市にしては、珍しく雪の降ったあの日のことを、忘れることは決してありません。
 福島第一原子力発電所の廃炉作業は着実に進展していますが、あの原発事故や、沿岸部を襲った津波をきっかけに、今なお、県内・県外に避難を余儀なくされている方々も、たくさんおられます。
 
 災害が起こった時に、どのように元の暮らしに復旧するかのノウハウは、今後ますます重要になってくるでしょう。
 社会的インフラのひとつであり、暮らしに欠かせない「電気」にたずさわる企業として、私たちになにができるか、これからも模索し続けます。