2019年問題、早めに手を打ちましょう!

 ここ最近、テレビ等でも見聞きするようになった「太陽光発電の2019年問題」、詳しく見ていきましょう。

 これまでは、国が決めた高い価格で電力会社が買い取っていた太陽光発電の電気。2009年から始まった制度です。しかし、この買取期間は10年であるため、2019年から買取期間が終了してしまう住宅が、続々と出てきてしまう・・・これが「2019年問題」です。
 ちなみに、来年の11月には、全国でなんと56万件もの住宅用太陽光発電の売電期間が終了すると言われています。

 では、売電期間が終わるとどうなってしまうのでしょうか?
 実は、当時「24円/kWh」と予定していた期間終了後の売電金額が、ガックリと下がってしまうかもしれません。現在のところ、11円/kWh程度に下がってしまうことが予想されています。もしそうなると、半額以下ですね。

 さて、そうなった場合はどうすればよいのでしょう?
 今からできる対策として、蓄電池を設置することをおすすめします!ただ、蓄電池のリチウムイオン電池に使われる資源の価格が、ここのところ高騰していますので、蓄電池を安く購入したいなら今のうちです。

 今後とも、この問題については引き続き情報発信する予定でおりますので、よろしくお願いします!