屋根のリフォームは、いつ、どう行う?(2)

冬を前にして、屋根の塗装はがれ、サビ、腐食などは気になりませんか?
屋根をリフォームする工法は主に「屋根塗装」、「カバー工法(重ね葺き)」、「葺き替え工事」の3つ。
野地板まで劣化が進んでいる場合には葺き替え工事となりますが、塗装が色あせている程度であれば、屋根塗装工事がおすすめです。塗装では回復できない程度の腐食であれば、カバー工法(重ね葺き)となります。
屋根の痛み具合がどの程度なのかは、地上からの見た目だけではなく、実際に屋根の上などで調査し、総合的に判断します。