今年も熱中症対策を忘れずに!コロナ対策もふまえて、特に注意することは?

<この度の九州地方を中心とした豪雨災害において被災されました皆さまに、心からお見舞い申し上げます。被災地域の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。>

 長かった梅雨も、もうそろそろ終わり、いよいよ本格的な夏の到来となります!
 毎年のことではありますが、やはりこの時期、熱中症対策は重要です。特に今年は、新型コロナウイルスの出現で、「マスクの着用」、「感染しない距離を確保する」、「手洗いや3密(密集・密接・密閉)を避ける」などの「新しい生活様式」が求められています。
 このような「コロナ時代」の熱中症対策は、どういったことに気を付けるべきでしょうか。

 まずは基本の「暑さを避けること」です。暑いときは我慢せず、エアコンをつけて部屋の温度を調整し、涼しい服装を心がけましょう。
  また、「こまめな水分補給」も必要です。1日当たり1.2リットルを目安にして、大量に汗をかいたときは塩分補給も忘れずにしましょう。のどが渇く前に水分補給をすることがポイントです。

 さらに、「適宜、マスクを外す」ことも重要です。暑い中、無理をしてマスクを着用することは要注意です。マスクを着用しているときは、負荷のかかる作業や運動は避け、屋外で人と十分な距離を確保できる場合には、マスクを外しましょう。

 今年の夏も、例年どおり熱くなることが予想されます。しっかり熱中症対策をして乗り切りましょう!