甲子園とLED

 第100回の記念大会ということもあって、連日熱闘が続く全国高校野球選手権。試合も残すところあとわずかになりました。今日から準決勝ですが、どの学校が記念すべき100回大会の頂点に立つか、目が離せませんね!

 さて、大会が行われる甲子園球場。試合のスコアや選手の情報などが表示されるオーロラビジョンには、なんとLEDが多数使用されているんですよ!その他、観客席やベンチ、球場へ向かう階段の手すりなど、様々なところでLEDが使われています。
 どんどん身近になっているLED照明。興味がありましたらぜひ、お気軽にお問い合わせください!

夏はまだまだ続きます!

<このたびの西日本を中心とした豪雨災害におきまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。>

 夏真っ盛りですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?このところ毎日、猛暑日が続きます。とにかく今年の夏の暑さは異常です。部屋の中でも油断せず、こまめにエアコンをつけ、熱中症予防対策をしましょう。
 それでもダメな時は、お部屋の気密性がイマイチ足りないかもしれません。思い切ってリフォームで「夏は涼しく冬は暖かい空間」に変えてみることも、おすすめします。
 もちろん、エアコン取付工事もうけたまわりますので、お気軽にご相談ください!

LEDって、白熱球と比べて何がいいの!?(5)

<このたびの西日本を中心とした豪雨災害におきまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。>

LEDは白熱球と比べてどれぐらい「長寿命」なのか?一般的には、白熱球の寿命は約2,000時間と呼ばれています。これに対しLEDの寿命はなんと40,000時間!!20倍もの差があります。
20倍長持ちするということは、面倒な電球が切れた時の取り換えの手間も、20回に1回で済むということになります。そして長持ちすることによって製造するための材料(資源)も使わないわけですから、まさしく「エコロジー」な照明器具といえるのです。

今年もしっかり梅雨対策!

<このたびの大阪地震におきまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。>

 今年も梅雨の季節がやってまいりました。ジメジメとしたこの季節、お家の大敵は、なんといってもカビ!特に湿気の多い、お風呂場や玄関などの水回り、玄関などの出入り口は、気になりますね。放っておくと、カビだけでなくいやなニオイまで出てきて大変です。

 晴れた日は押入れや下駄箱を開けたり、雨の日でも換気扇などをうまく使ったりして、湿気がこもるのを防ぎましょう。
 どうしても限界があるときは、リフォームで湿気とサヨナラ!快適な住まいにする方法もあります。お気軽にご相談ください!

LEDって、白熱球と比べて何がいいの!?(4)

エコ(Eco)を背景に国がバックアップし、メーカーが増産した結果、急激に普及したLED。
LEDの利点は、ズバリ「節電」と「長寿命」なのです!例えば白熱球と比べて、LEDの消費電力は約8分の1と言われています。
これはつまり、年間に照明代が8,000円かかるとすれば、LEDに切り替えることによってなんとたった1,000円になってしまうということです!
もう一つの特徴である「長寿命」については、次回にご説明しましょう!

町の次世代エネルギーを探してみよう!

ゴールデンウィークも終わって、みなさまいかがお過ごしでしょうか?私は、連休中は福島県内のいろいろなところをドライブしてきました。走っていると、以前と比べて、屋根に太陽光発電のパネルが乗っているお家が目立ちます。最近は一般家庭だけではなく、敷地内に太陽光発電パネルを設置している会社も多くなってきましたね(ちなみに当社も設置してますよ!)。
電気自動車の充電スタンドも、設置している場所が増えてきました。確実に電気社会へシフトしつつある感じです!もちろん、当社も次世代エネルギーを応援していきます!!

LEDって、白熱球と比べて何がいいの!?(3)

LEDは、白熱球や蛍光灯と比べて、圧倒的に消費電量が少ないのが特長です。また、寿命も従来の照明器具よりも長いとされています。つまり、「エコ(Eco)」ですね。これに目を付けたのが国です。2010年に国が打ち出した「新成長戦略」では、「LEDや有機EL照明などの次世代照明を、2030年までに市場に100%普及させる」という大胆な目標が掲げられました。国が「エコ」をバックアップしたわけです。

LEDって、白熱球と比べて何がいいの!?(2)

今や徐々に家庭照明の主流になりつつあるLED。LEDの正式名称は「light emitting diode」。emittingは「発光」という意味です。そういえば、昔は「発光ダイオード」なんて呼ばれてました。2009年ぐらいから、徐々にLEDを使った照明器具が出始めました。
そして2018年、メーカーで作っている照明製品のほとんどは、今やLEDに切り替わっています。では、LEDの良さとは、どのようなものでしょうか?次回、LEDの特長についてお伝えしましょう!

東日本大震災から7年。ふくしまのいち企業としてできること。

あの日-。3月11日から昨日で7年が経ちました。
改めて、東日本大震災にて亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災者の方々には心よりお見舞い申し上げます。あの時の記憶を、風化させてはなりません。
今までも、そしてこれからも、1日も早い復興のため、当社がお手伝いできること、一つ一つていねいに実行していきます。
がんばれ福島!がんばれ東北!がんばれニッポン!

LEDって、白熱球と比べて何がいいの!?(1)

2010年代に入って急激に普及したLED。「長持ちする」「省電力」ということで、ご家庭でも、白熱球、蛍光灯から、LED電球に切り替えた方も多いのではないでしょうか?
でも、そもそもなぜLEDがこんなに急に普及したのか、気になりますよね。そこで、節電や長寿命以外の”長所“も含めて、これから数回に分けてLED照明の「いいところ」を紹介しましょう!